PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PR
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
怪我なく良い年になればと思います。 
11月辺りからは赤岳鉱泉さんと岩根山荘さんに通ってずっとこんな感じの週末でした。

今週の1月8日から13日まで韓国のCheongsongで開催されるICWCにまた行って参ります。

韓国大会オフィシャルサイト: http://www.ice-climbing.kr/

また、大会の模様はこのMountain TVにてストリーミングされるかもしれません。(未確認)










 
| UIAA ICWC | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014 韓国 ICWC HOLD 一覧
JUGEMテーマ:スポーツ
HOLD 一覧







 
| UIAA ICWC | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014 アイスクライミング ワールドカップ 韓国大会 レポート
今年も懲りずに韓国大会に参加きましたのでご報告いたします。


奈良選手 (北海道)
吉田選手 (北海道)
大庭選手 (東京都)
清水 (群馬県)

安達選手 (長野県)
石原選手 (東京都)
八木選手 (東京都)

の計7名の選手が韓国大会へ参加致しました。 日程は2014年1月10日〜13日、選手は1月9日(木)に韓国ソウルのIncheon空港付近のホテルに入ります。翌日10日(金)、大会会場があるチョンソンへ約6時間ほど掛けてバスで移動。11日(土)予選、セミファイナル。12日(日)決勝、13日(月)ソウルまで移動、14日(火)帰国 という6日間の日程でした。




今年は015のBIB。



開会式セレモニー



予選会場のルート

拡大してルート全体


Grivelのプロトタイプのアイスアックス、Force Alloy よりワングリップ分くらいデカイです。
アンジェリカに見せてもらったのですがまだ使いづらいと言ってましたので多少改良されるのではないかと思います。


こちら若干20才スロベニヤのJanezのノミック。ボーズマンでも大活躍した彼ですが、予選中、アンダーから引きつけた時にNOMICが真っ二つに折れてすっ飛びました。リーシュを止めるボルト穴から折れてます。去年Kendraも折りましたがドラツーでバンバン使っていると金属疲労で折れてしまう事もある様です。普通のアイスクライミングではこんな事になることはないと思います。

そして予選スターティングリストです。 
 
Mens Lead Group-A

 
Mens Lead Group-B 自分は4番手で日本勢では最初の出番。

 
Womens Lead







右のルートでちょうど登っているところをストリーミングからキャプチャーしてもたったもの。
この後、時間切れで終了となりました。日本勢ではスタートが1番手でしたので皆さんをアイソレーションに残したままなので写真ネタがこの3枚しかありません。 
さて他の選手は動画などありますのでこちらからどうぞ。










今回、安達選手は、予選突破! セミファイナルへ進み 最終17位となりました。




私の最終リザルトは35位という結果に終わりました。

UIAAの正式発表男子リード競技リザルトはこちら


今年のTeam JAPAN


男子リード
1位 Tomilov Alexey RUS
2位 Tomilov Maxin RUS
3位 Park HeeYong KOR


女子リード
1位 Tolokonina Maria    RUS
2位 Shin WoonSeon    KOR
3位 Rainer Angelika    ITA

総括
今年こそはと、ほぼ通年アックストレーニングをしてきましたが、夏頃からF4懸垂のやり過ぎでヒジの筋を痛めてから中々思う様にコンディショニングが出来ない中、ある程度突き詰めてくると皆どこかしらの故障がある訳で、結局そこは余り気にぜず、なかったコトにしてトレーニングを増やすしか無い事を痛感しました。
また、 TOOLやHOLDに付いては今年も色々と傾向がありましたので機会があれば。
そして、八木苗恵選手は今年もICWCを全戦参加します。是非がんばってください!

 
| UIAA ICWC | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
韓国アイスクライミングKOREAカップ開催。(11/17/2013)
今年は参加できませんでしたが2013.11.17韓国にてアイスクライミングKOREAカップの第一戦が開催されました。





Nomic+Fusion というカスタムツールを使用してます。(アップロードされたムービーのキャプチャーから)

他の韓国男子選手にもツールの改造がほぼ定着したようで、特別目立つ感じではありませんがHeeyong選手のこれは一瞬なんだ?と少々驚きました。相変わらず彼の強さは圧巻です。

Movie URL : 男子1位 Park Hee Yong
Movie URL : 男子2位 Han
| UIAA ICWC | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
The countdown to Sochi 2014 has begun


興味がある方読んでみてください。
| UIAA ICWC | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014 ICWC 暫定スケジュール USA大会BOZEMANで開催か?
BLOGの方はすっかり放置してしまいました。 ICEシーズン後は、GW前までドライツーリングのルートにリピートで通ってその後は岩場でフリーに勤しんでおります。


まだ時期早々ではありますが、来シーズンのICWC暫定スケジュールを目にしたので久しぶりの更新です。本決定は多分3ヶ月後の10月辺りだとは思います。 

注目したのがUSAのボーズマンが12月14−15日に入っている事! Bozeman (ボーズマン)は米国モンナタナ州にあってサンフランシスコから600km位に位置するアメリカ北部の町で、去年アークテリクスがメインスポンサードしBozeman Ice Climbing Festival というイベントが開催されています。 コロラド Ourayの大会が組み込まれるような話もあったと思いますが、なんとBozeman が出てくるとは驚き。ヨーロッパ、ロシアの常連選手達が一体何人アメリカまで来れるのか、という問題もあるでしょうから開催決定まではまだ問題が多々あるかとは思います。

って事で暫定スケジュールというより、「今のところこんな感じで進めてますよ」というレベルだと思いますが、万が一に12月スタートとなったらスケジュールが色々変る人もいらっしゃるのではないかな。そういう事もあるという事で準備を進めておいた方がよいかもしれませんね。 

2013年12月14-15日 ICWC USA Bozeman
2014年1月11-12日 ICWC Korea Cheongsong
2014年1月16-18日 ICWC Rumania Busteni 又は1月18-19日 Italy Rabenstein
2014年1月24-25日 ICWC Swiss Saasfee
2014年2月1-2日 ICWC France Vanoise 
2014年2月06-08日 ICWC Romania 又は 2月08-09日 Italy Rabenstein
2014年2月28日−3月1日 ICWC Russia

(※ソースはUIAAオフィシャルではありませんので参考程度に。)

尚、USA 、MONTANA州のBOZEMANにはHyalite Canyonというエリア全体では200ピッチを越える広大なアイス&MIXエリアがあり一度は訪れたいと思っているエリアです。 こちらのWinter Dance(TOPO本)内にエリアは掲載されています。 

BOZEMAN Hyalite Canyon エリアマップ

最近では、Kyle Vassilopoulosが開拓したHouse of Flying Daggers(M12/13) がアメリカ最難MIXルートとして、ここHyalite Canyonにあります。

House of Flying DaggersM1213


| UIAA ICWC | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2013 ワールドカップ ロシア大会 奈良選手 セミファイナル 11位(キャプチャー版動画)
アイスクライミング ワールドカップ ロシア大会 速報!
A,B2ルートの2トライという変則的な予選で始まった今大会は大きくカブッたルーフ状のロングルートもあり各選手苦労していた模様です。
奈良選手はセミファイナルへ進出し男子リード11位が確定致しました。

過去最長のロングルーフルート

2013 ICWC Russia Masayuki Nara Semifinal 奈良選手
(ストリーミングのキャプチャー版)
| UIAA ICWC | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2013 UIAA Ice Climbing Worldcup Cheongsong, Korea Day-2
前日のTVニュースでもワールドカップ開催を大きく報じておりましたが、何台ものTVカメラが会場には配置されていて韓国での関心度の大きさを表しておりました。
 

男子予選ルートA、 自分はルートAの19番目。

男子予選ルートB

オブザベーション中のベンドラー。 彼は今回ファイナル突破出来ませんでした。

セミファイナル男子ルート

セミファイナル女子ルート

決勝女子ルート

決勝男子ルート

スピード競技ルート

さて、肝心の自分の登りはというと。

この後、引き手が抜けてフォール。
F4で何度が粘ったのですが、あと少しで届かず、逆側から掛け替えて引いて取ろうとしたのですが完全に掛かる前に引き手が抜けてフォールしてしまいました。 正直、F4のワンムーブ目で感じた、遠い距離感で心が折れたのは少しショックでした。

男子リードのリザルト。
自分は43位という結果です。
応援して頂いた方々またも結果が残せずすみませんでした。
また、同行頂いた選手の皆様ありがとうございました。

日本は総勢8名の選手で挑みましたが国別での総合リザルトは5位という結果が残ったようです。
1位 ロシヤ 286pt
2位 韓国 232pt
3位 イタリア 150pt
4位 ブルガリヤ 120pt
5位 日本 97pt
6位 チェコ 91pt



上位選手の結果
Women's Lead   
1. Angelika Rainer (Italy)   
2. Anna Gallyamova (Russia)   
3. Woon Seon Shin (Korea)  

Men's Lead
1. Alexey Tomilov (Russia)
2. Valentyn Sypavin (Ukraine)
3. Hee Yong Park (Korea)


他の選手の登りはムービーで記録してきましたので追って紹介してゆきたいと思います。

| UIAA ICWC | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2013 UIAA Ice Climbing Worldcup Cheongsong, Korea Day-1
2013,1,11-13に開催されたアイスクライミング ワールドカップ韓国チョンソン大会に参加してきました。

UIAA Ice Climbing World Tour 2013 | Cheongsong Official    



初日はソウルからチョンソンまで半日掛けてバス移動。

宿舎に到着後、まず選手受付をしてゼッケンを貰います。

今年のスターティングナンバーは027番。

その後、場所を変えてオープニングセレモニーを行います。




各国の選手が紹介されます。



オープンセレモニーの後、ウエルカムパーティー。

全体のタイムスケジュールはこんな感じで進行します。

翌日は予選が行われます。
会場は例年通りの半ドーム型のルートです。


| UIAA ICWC | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2012/2013 韓国ドライツーリングコンペティションのレポート4(ファイナル)
ファイナルの模様です。 
こちらが現在韓国を引っ張るトップ選手たちです。皆ワールドクラスです。

Women Final Shine Woosun

Men Final Lee Chang Hyon

Men Final Han Jung Hee

Men Final Park Hee Yong

Mens Result 男子上位3名
1st. Park Hee Yong
2nd.Han Jung Hee
3rd. Lee Chang Hyon

女子の上位3名

ちなみに今回の男子決勝ルートはM/D11+〜12レベルのルートグレードだったそうです。
翌日も、男子3位のHanさん、女子3位のShineさん達と決勝ルートを使わせてもらい練習。 Hanさん! 色々ありがとうございました。 (写真は男子決勝ルートをトライ中の奈良さん)

今年も韓国選手の強さを再認識した有意義な大会でした。本来は韓国国内の選手権である大会に韓国山岳連盟、ネルソンスポーツ,クライムコリア及び大会運営関係者、選手の皆様方のご配慮にて特別に参加させて頂きました事に大変感謝しております。 ありがとうございました。

※本レポートには皆様の写真/動画を掲載させていただきましたが、私自身の写真が手元に無い為、何卒ご了承ください。

| UIAA ICWC | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/8PAGES | >>