PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PR
<< 2012.1.3 Canada(Weeping Wall Central Pillar 180m WI5) | main | 2012.1.5 Canada(Haffner:Caveman M10)そして6日帰国 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2012.1.4 Canada (The Cineplex : Musashi M12)
2012.1.4 は Cineplex 行ってきました。
お目当ての Musashi M12 触っただけですがこのクラスに触れてみてスケールと何が必要かはなんとなく理解した感じです。現在ここも4ピン辺りのホールドが欠けていて完登はできない状態でしたが遊ぶだけでもかなり満足でした。

アプローチは、93号線(Icefields Pkwy) Weeping Wall 前の駐車場からさらに北へ向かいます。時間にして10分程度。ブタの尻尾みたいに大きくカーブ(Big Bentと呼ばれているカーブ)を曲がった先の右側で路肩が広くなっている所があります。そこに駐車。 「Bridal Veil Falls」という滝の木製サインが目印。そこから沢へ5分ほど降ってから北方向へ向かうとすぐ見えてきます。計約15分くらい。駐車したところからは見えないが踏み跡があれば解りやすいはずです。

52.179090, -117.054863

Bridal Veil Falls の木製看板。 路肩は除雪した雪でデカイ壁になっていたが奥を覗くと踏み跡発見。(駐車スペースの手前側に看板。その辺りから南へ降りてゆく)

しばらく歩くと奥に見えてきて感動!おおぉ CAVEMANの数倍のスケール。

PETZLのスリングがセットしてあり、さすがワールドクラスのルートである雰囲気満載のTHE CINEPLEX。しばらくすると3名が降り来た。なんと、ICWCにCANADAから参加しているGordonとSuzan達だった。去年KOREAで会ったね。という話からルートを説明してもらったり・・。「MUSASHIはHOLDが欠けていて上まで行けないよっ」と。「何やんの?」と聞くとGordon「THE GAME M13 にトライしてるんだよね。」 。ですよね。

自分は隣のM7のラインでアップ。終了点が変なとこにあって最後が怖い。



Climber:Shimizu Musashi のスタート







Climber: Gordon  (The Game M13)

Gordonはここまで到達していたが最後を越えるのに苦労しているらしい。 Musashiの倍くらいのルーフ。遠いホールドピッチと持久力の勝負。Gordonは吠えまくっていた。

Climber:舐めさん Musashi M12。 F4は力強い。

Gordon達はさすがにそう何度もトライは出来ないようで早めの撤収。別れ際、「道路の雪は大丈夫かなぁ?」と聞くと「コレくらいじゃ全く問題ないよ」。ん??Icefields Pkwyって、よくCLOSEDなってるよなぁ??と半信半疑のままさらに少し遊んた。

で、駐車場まで戻ると、車に張り紙が。シェリフからのようだが、「Avalance Controlを行うのでいいって言うまでここで動くな」という内容の通告。隣にも待機している車があった。 帰りはキャンモアまでのロングドライブ、このままここで車内ビバークするのは嫌なので無視して車へ乗り込んだ。 走り始めてすぐにパトカーが目の前に。チケットでも切られるかと思いきやリリースしたから気をつけて帰りなさい。と・・・ホントは危険だから動いちゃダメだったんだんだぞ。と注意された程度。そういえば昨日の宿の壁にIcefields Pkwyが雪崩れの雪煙で真っ白になってる写真が飾ってあったのを思い出した。しかし道路はCLOSED、該当のエリア内からでる車のみ通行可だった。キャンモアまで約200km 3時間のドライブでHostel Bearまで帰還。明日は最終日。ハフナーで仕上げです。

| Climbing 海外 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://climbing-ss.jugem.jp/trackback/261
トラックバック