PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PR
<< 梅雨明けもそろそろでしょうか。 | main | 群馬もあちこちで熊出まくってますね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
熊に襲われた為、新たに個人装備として追加・・・・牡丹紅砲
 
牡丹紅砲 20連発 10セット入り 200円

2012年8月15日、新穂高温泉の右俣林道から山に入った時、人生最大とも言える危機に直面してしまいました。 なんと、我ら熊(多分ツキノワグマ?)に襲われてしまったのです。 

簡単にその時の状況を報告したいと思います。

今回の目的地は槍ヶ岳のただのピークハント、たまには山歩きでもしようかと、ほぼ1年ぶりに片道15km近い工程の道のりを楽しもうと前乗りして新穂高温泉に入りました。 当日、天気は曇、 夜も開けて背後に見える錫杖も薄っすら見えてくる程度の明るさとなりヘッデンは無くても歩ける感じでした。

そんな中、登山者用の下の駐車場を朝4時半頃出発、ロープウェイ乗場を過ぎそのまま直進し、右俣林道へ進みます。 駐車場では準備をしているパーティーもちらほらあり、すでに自分達の前には数パーティー先行していたと思います。 

目視出来たパーティーは、単独の男性のみ、後続は無し。 彼は我々とほぼ同時に出発しましたが、 舗装路が終わって林道に入ってすぐ沢沿いへ直進しましたのでおそらく釣り人だったようです。 

 (下山時撮影)

右俣林道は、穂高平避難小屋に抜ける近道があります。 林道の大きなS字を斜めにショートカットできる近道です。 入り口に小さい「夏山近道」という看板が有る所です。 我らはそのショートカットを進みました。 熊と遭遇したのこの近道の丁度中間地点です。


ショートカットに入って10分程度だったと思います。 途中、ブラインドになっている右曲がりの処を通過した時、約5m程先のヤブの中に黒くて小さいモノが動くのが2匹視界に入りました。 同時に藪がガサガサっと動く音が聞こえ瞬間、見えてたものよりはるかにデカイ黒い獣が藪の脇から飛び出して来たのです。 距離にして3m程です。 大きさは50cm位の体型だったと思います。 子グマを見てから僅か1〜2秒後にそいつは突然藪の横から飛びかかって来たのです。瞬間、自分は後続に「やばい逃げろっ!」と叫びながら半身で後ろへ逃げました。 しかし、すでにそいつは凄い勢いで飛び掛かって来ています。 動けた歩数は3〜5歩程度だったと思います。 口をデカく開きながら飛び掛かられた瞬間、無意識に持っていたストックで熊の胸辺りを突き、その反動で背中から後ろ向きに2回転転がりました。 後続は私に襲いかかる熊を見て慌てて後退、登山道から滑って5m程滑落しました(擦り傷程度)。ストック先端にゴムは付けていなかったのですが刺さったかどうかわ判りません。 一瞬の出来事でした。 




もちろん熊も僕らに驚き威嚇してきたのだと思いますが、幸い転がり落ちた場所がクマ達の視界から継続的に入らない場所だったのが幸いだったのか、本気の次の攻撃を受けなかった為、大怪我を負わずに助かりました。 かすり傷程度で済んだ事はとても運が良かったと思います。
あの後、マウントされていたらタダでは済まなかったと思います。

今回、熊に遭遇して襲われた件は、穂高平小屋の方には報告しておりますがロープウェイ乗り場から直線距離で数百mしかないあんな場所で子連れの熊がいるとは驚きです。 後で調べてみたところ、今年、同じ場所で熊と遭遇している方が何人かおられるようでした。 獣道としてあそこを横切っているならかなり危険で問題だなぁと感じ報告いたしました。


教訓: 
熊はメチャクチャ早くて何も出来ない。
襲われたら逃げられないと思うべし。
遭遇しないようにするしかない。
熊鈴は持つべきっだ(僕らは持っていませんでした。)
遭遇した時、爆竹があれば狭い登山道でも退路を確保できる。
今の時代、下界に近いから熊は出ないという認識は甘い。
数分の違いで出会い頭の遭遇は避けられるはずだ。
前例があるならその情報は登山道に掲げるべきだ。

また、こういった情報をどこに報告すれば良いのかも判らず数日過ぎてしまいました。「ここでは熊に襲われる」事もある。というような事前情報があれば遭遇しない工夫も出来るかと思います。 みなさまお気をつけてください。 



| 山歩き | 21:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - | pookmark |
コメント
槍平小屋の沖田です。

熊との遭遇被害情報、ありがとうございました。
大事に至らなくてなによりです。

ここ数日、目撃や遭遇情報が相次いでいます。
昨日には引っかかれながら引き返さず、
そのまま登山を続行される方も出ました…
数日前に警察や営林署へ連絡し、
登山道に張り紙をして注意喚起する対応をとっております。
国立公園内にいる動物は保護対象になっているため、
対応が難しいのが実際のところです。
目撃情報は小屋関係者が管理いたしますので、
今回のように最寄りの小屋番に報告して頂けたら有難いです。

新潟の方では熊警報も出ていると聞きました。
今年は餌が少ないのか全国的に熊報告が多いようで、
これから秋にかけてますます活発になるので、熊鈴必携です。
お気を付けて山行を楽しんで下さいませ。
| okida | 2012/08/23 8:08 PM |
Okida様 コメントありがとうございます。 熊と遭遇した場合や見かけた場合、原則、山小屋への報告、また近況の貴重な情報も感謝致します。 
山に入る以上動物との接触は避けられない場合もあるかと思います。 今後も十分気をつけて事故が起こらないようしたいと思います。
| Shimizu | 2012/08/24 10:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://climbing-ss.jugem.jp/trackback/315
トラックバック