PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PR
<< 2013 赤岳鉱泉アイスキャンディーカップ参加レポート | main | 2013 ワールドカップ ロシア大会 奈良選手 セミファイナル 11位(キャプチャー版動画) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2013.3.2〜3 二口渓谷ドライ&アイス 東北遠征
今シーズン2回目の東北遠征。 二口渓谷へトレーニングへ行って来ました。今回もBANGEESの皆様にお世話になりました!

3月1日金曜日夜、群馬集合にて東北道を北上。 国見SAにて高村さんと合流。のち、東京組の2台と合流して仙台南ICへ向かう。

今回は風の堂エリアが目的地。 片道7km近いアプローチをワカン装着でひたすら歩く。

磐司岩


最後の急登を登ると見えてくる「二口渓谷 風の堂エリア」
ここまで上がってくると天候は吹雪。 見える氷柱は簡単には登らせて貰えない雰囲気を漂わせている。

風の堂エリアには、THE PHYSICAL BROTHERS (ザ、フィジカルブラザーズ)、狗鷲(イヌワシ)、暴君(ボウクン)などの ミックス、ドライルートに加えアイスルートの独眼竜、萩の月、左YCCなど多彩なルートがある。

まずは石井さんがフィジカル 右ライン(正式名称はFAT GIRL SLIM)のドライ部をトライ。

続いて自分。


中々手強い氷でした。

ゼキさん 独眼竜をトライ

その後、皆で代わる代わるトライ、午後は氷の独眼竜を登ったりして初日は終了。


2日目。
今日も昨日同様の雪模様、ただ若干風が弱まったので天気の回復を期待しながらひたすら歩く。

2日目は距離感が解って、長いアプローチも少し楽に感じた。

BANGEESの千葉さんにフィジカルのオリジナルラインにヌンチャク掛けをして頂く。

フィジカル 右ライン:正式名称はFAT GIRL SLIM)をトライのバッチさん。一撃!

越さん

ナオコさん

ナオコさん フィジカル 右ライン RP!

哲ちゃん フィジカル 右ライン

石井さん 狗鷲をマスタートライ。 安定感抜群の登りはこの二口渓谷が5年振りとは思えない登り。 ヌンチャクを上まで掛けて頂き助かりました。

大庭くん フィジカル 右ライン
さらにアイスの独眼竜はリードRP! おめ!

自分は、フィジカル オリジナルのドライパートをリードでアップ。

今年はフィジカルの氷の位置が左にズレていてオリジナルラインをいくと氷の真下へぶつかってしまう為、ドライ部のドン突きまでで氷部はトライなし。


その間、狗鷲をトライするバッチさん。 さすがカムイで鍛えている登りは見ていて力強い! 

その後、自分も狗鷲(イヌワシ)へ本気のファーストトライ。





終了点まで到達しクリップして終わりと思ったところで、引きつけたらスリップ落ち・・・。
一撃RPならず。 最後の最後でフッキングポイントを探り切れませんでした。 トライ時間が35分超と・・今の自分の実力ではそこ迄という感じです。 

皆のトライも終わり、緊張が途切れた一幕。 みなそれぞれ出し切った感じです。

フィジカルの前に大きく口を開いているクレバス状の穴。

フィジカルの氷からアバラコフで支点回収のバッチさん! 

今回の参加メンバーとBANGEESの皆様、
千葉さん、高村さんを始め仙台の皆さん、大変お世話になりました。 

帰りもへろへろになりながら7kmの下山。
2日間で2往復、28km近く歩いたので足もパンパン。
行動体力も無いと此処へは通えませんね。
程よい疲労感の中、お世話になった皆さんとお別れして関東へ戻ります。

二口渓谷、すごいトコでした。
まだまだ登るところはたくさんあるので次回また伺います!
ありがとうございました!




そして、今回、新たな記録も達成された。
風の堂 クレバス(仮名) ファースト・ディセントの記録である。
後日、本人から正式ルート名が発表されるであろう。

 撮影:ゼキさん

初降時の記念スべき1枚。 満面の笑み!を浮かべる越氏。 
暗闇の奥に彼はなにを見たのだろうか? 
半分冗談で半分本気。今後の活躍も期待されい!
| Climbing | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://climbing-ss.jugem.jp/trackback/342
トラックバック