PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PR
<< Bozeman Ice Climing Festival Day4-5 | main | 2014 アイスクライミング ワールドカップ 韓国大会 レポート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Bozeman Ice Climing Festival Day6-7
翌日の日曜日はSPEED競技が開催されましたが僕らはエントリーしていないので見ておきたかったドラツールートへ行ってきました。アプローチは同じくHYALITE CANYON、目指すはアメリカ最難MIXルート「House of Flying Daggers M13」がある「UNNAME WALL」。今回、海外組のステファニィー達も週初めに取り付いていたようです。

  
写真中央の山肌の見える辺りのケーブ??。(駐車場から見て右手側奥)

 
こちらは駐車場からみて左側のGA側、各沢筋に登れるところがあるように見えます。

お目当てはこの、コンラッドアンカー's "BINGO CAVE"と呼ばれる最新エリヤ。




他のTOPOにはまだ出ていないエリヤの様ですので、コンペでもらったこのTOPO資料は要チェックです。

 
PANAMA CANEL M9 : Shimizu 出だしの垂壁はトルキングで登ってゆくルート。
Straight of Gibraltar M10 : Shimizu 
このゲレンデも例に漏れず相当ボロボロです、届かないからとやたらにピックを突っ込めば今にも剥げ落ちそうな岩がそこら中にトラップの様にあります。よく見極めながら登らないとビレイヤーは大変な事になります。実際この日だけでもライアンのロープは落ちてきた岩で1本チギレました。

 
House of Flying Daggers M13: Aaron & Ryan


昨日のコンペにも出ていたコロラドのRyanと一緒に。(中央はライアン)

 
PANAMA CANEL M9 :なおこさん

翌日もBINGO CAVEへ。
RYANも僕らがいるなら来るということで翌日も一緒。
早速、House of Flying Daggersへ。
 
House of Flying Daggers M13: Shimizu

 photo :Ryan

しばらくして続々と登場した方々は、なんと、Will GaddさんとSarahのコンビ、その後には、Mark達とまぁ凄いメンバーになってしまいました。皆さん取り付くルートがM12〜M13というワールドなメンツです。こういう機会もそうはないので楽しませて頂きました。

ナオコさんがRyanをビレイする奥でGaddさんはInglorious Bastards M12。


Ryan と Gaddさんのランデブー


House of Flying Daggers M13: Gaddさん 
ライアンとガットさんはしっかり落として帰りました。流石。



 
Gaddさんからのアンカー用スクリューを待ちながらしばらくぶら下がってたライアン。


真横からはこんな感じです。


Inglorious Bastards M12:Mark


House of Flying Daggers M13:Sarah Hueniken
2013年3月にサラはカナダのCineplexでMusashi M12をカナダ人女性として初登しています。
やはり粘りは半端無かったです。今回サラはコンペにも出場してます。



Sarahをビレイ中のGaddさん。的確な指示は脱帽ものでございました。



Gaddさんが持ってたBlack Diamondの新しいICE TOOL
そろそろあちこちで話が出てきてますのでこのBLOGでもご紹介。
かなり軽くなってました。それと現行より短いようです。GaddさんいわくICE専用で設計してあるそうです。それに合わせたピック角で打ち込みも楽との事。短いという点でコンペでは出番が無いかなということで少々残念でしたが、とはいえ軽いし現行Fusionより扱いやすいので売れるのではないかな。来季発売予定で名前は"FUEL"とか。

という感じでBOZMAN コンペ終了しました。このアイスフェスティバル自体は今年で17回目(BIF17)を迎えたそうです。そして日本ではまだマイナーなこのエリア。カナダと比べても遜色ありませんしコンペに出場しなくても十分楽しめる場所だという事が判りました。皆様来年辺り計画しては如何でしょう。人気のクリニックは早めにSOLDになるそうです。講師はGADDさんだったりINESさんだったり有名人ばかりで、レベルもそれぞれ有り好きなクライマーに$100位で教えてもらえるのは安いと思います。

参考:BIF17でのアイスクリニックのインストラクター一覧
Aaron Montgomery
Aaron Mulkey
Andrea Charest
Carlos Buhler
Chris Thomas
Dave Mcleod
Gord McArthur
Ines Papert
Jess Roskelley
Jim Shimberg
Justin Griffith
Kitty Calhoun
Kris Erickson
Kyle Vassilopoulus
Majka Buhardt 
Marko Pujic
Pete Tapley
Rusty Willis
Stéphanie Maureau
Whit Magro
Will Gadd
etc. 


うまいLOCAL Dark BEERが何種類もあるのもここの楽しみかも。


JOJOさん著のWinter Dance (現在プレミアム高値中 定価は$45だったような・・)




安達選手 女子7位 Q1とQ2の登り

最後に今回ご同行頂いたナオコさんお疲れ様でした!

 
| Climbing 海外 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://climbing-ss.jugem.jp/trackback/352
トラックバック